経済・政治・国際

2017年3月12日 (日)

菅直人、政治家としては最低の者だか国宝級に評価する。

250km圏内、人が住めないところになるところだった。

これは、事実だ。

この日、6年前の3月11日夜、
ラジオで東京電力福島第一原子力発電所に異常があると言うことを聞いた。
同時に、最悪のシナリオが想定された。

それは、東北地方が分断されるだけでなく某国が侵入してくることである。
クーデターであり戦争である。もし、日本に打撃を与えるためには絶好のチャンスだった。

しかし、時の総理大臣菅直人は、最悪のシナリオを回避するべく行動をとったと考える。
国の安全の為の自衛隊だけでは、手薄となるため予備自衛官の出動させ、原発事故から逃げようとした、東京電力の幹部連中を福島原発へ張り付かせ、国の総力を結集させた。

また、最悪のシナリオを回避させる為には人命よりも国の崩壊を防ぐことを優先させたこと。
そして、彼の発言は、こうだ。
「死んだっていいからやれ。逃げれると思うな。」
「俺だって、死んでも構わん。」
この時の総理大臣菅直人には賛否両論があるが、最悪のシナリオを回避できたのは、

左翼の革命運動家と呼べれる菅直人だからこそ、この程度に押さえ込めた思うし、仮に最悪のシナリオになった場合、この人だったら日本を窮地から救えたように思う。

もしかしたら、菅直人元総理大臣は、左翼の革命運動家と呼ばれると同時に、最強の愛国者だったかも知れないと、今になって思う。この件に関しては

国宝級に評価してもいいではないか!

日本を窮地から救った一人の人間として。

政治家としては、最低の人間だと思っているが。

この時ばかりは、国宝級に評価したい,日本を救おうとした一人の人間として。

2016年8月 6日 (土)

日本よ記憶せよ、魂の独立記念日 桜井誠街頭演説秋葉原駅2016/7/30

魂の独立記念日、日本人へ桜井誠の訴え。

日本よ記憶せよ!
日本よ語り継げ! 

Sakuraimakoto_6
桜井誠が日本人の心に訴えた、『魂の独立記念日』 2016/7/30 秋葉原駅街頭演説。 
 
 
我が国が、国として形(かたち)造られたのは、『日本書記』や『古事記』に書かれているところの
天皇(すめらみこと)である、神武天皇からであるとされています。
そして、今日(こんにち)で皇紀2674年である。

この美しき国は、日本と呼ばれるようになりました。

この日本と言う国には、はじめに天皇(すめらみこと)がいました。
それゆえ、天皇なくして、この日本と言う国は存在しないのです。

我が国は、何度(なんど)となく国の危機をむかえました。
しかし、何度もの危機も乗り越えて、現在にいたっております。

それは、その時々において、英雄(えいゆう)となる人が現れて、
この国の守ったからだと思います。

そして、今日この時期に、桜井誠(さくらいまこと)と言う人が現れました。
彼(桜井誠)が現れたことは、この日本には必然のことだったのです。
桜井誠が現れた理由は、おおよそ2700年続く美しき日本国を守ることなのです。

それゆえ、日本人である私たちは、日本を守るために彼を記憶しなければならないのです。
日本よ記憶せよ! 日本よ語り継げ!
魂の独立記念日、桜井誠の訴えを!



魂の独立記念日 桜井誠の街頭演説 秋葉原駅電気街口 2016/7/30

2016年7月31日 (日)

東京都知事選にみる。桜井誠には、日本伝統産業をつなぐ女性起業家を守ることができる。

東京都は日本の首都であり、その東京での出来事は日本の将来を予想できます。

つまり、今日の東京都都知事選の出来事は、日本中に波及すると考えていいのです。

ここに世界10カ国以上を旅し、海外留学した女性がいます。
日本へ帰国後、日本の良さに気づいたのです。
それは、特に古(いにしえ)から伝わる伝統産業でした。

しかし、この女性は『このままでは、日本の伝統ある産業は消えてしまう』。
そう感じ取ったこの女性は、私がこの日本伝統産業を未来へつなぐと決意しました。

この素晴らしい伝統産業をつなぐには、どうすれば良いか考えました。

子どもにつないでもらう事に期待しました
決してビジネスだけの問題では、ないのです。
ビジネスだけの利益を追求したら、大人を対象にした方が、はるかに良いのです。

しかし、子どもに日本伝統産業の品物を使ってもらうことにしました。


Img_1482

それは、なぜか!
あなたは、気づいた事と思っています。

例えば、伝統産業の品物がバスタオルだとします。

肌触りの良さ、機能性の良さがわかるはずです。
でも、私が思うには本当の良さは、ここにあると思うのです。

それは、伝統産業の品物は大量生産ができないため、値段は普通の品物よりも
高い値段になるでしょう。
しかし、それに引き換えてでも一生涯に良いものを残すと思っています。

高価なバスタオルは、使い捨てできませんね。なんせ、もったいないでしょう。
大切に使おうとします。汚れたら洗濯です。
母である、あなたに物を大切にする心が創られてくるのです。

たった、一つのバスタオルですが日本伝統産業から作られた品物を使うだけです。

子どもを、大きなタオルで包んだときの感触は、母子ともいつまでも記憶に残っていくと
思うのです。日本伝統産業の品物で子どもを包んだ母とその子。

そこには、日本にある気品をいうものを知ることと思います。

そして、その気品は母であるあなたと子に受け繋がれていくのです。
それは、ここを豊かな生活が保証されるといっても過言ではないでしょうか。


ここに書いたことは、あくまでも日本にある古(いにしえ)から伝わる伝統と文化
あるからこそ、できることなのです。



しかし、今日この日その尊い私たちの日本の伝統と文化が失われるかも知れないのです。


その一つに、!
あなたは、外国人移民を受け入れますか?。
あなた一人で、日本の伝統と文化を守れますか?。

今日の東京都都知事選候補に、外国人移民を阻止する人がいます。
桜井誠、だた一人です。
彼は、この選挙に人生を懸けています。

近年日本の最高の演説です。最初の15分だけでも聞いてみてください。
桜井誠の最後の渾身の演説

28.7.30【桜井誠 候補】東京都知事選 グランドフィナーレ 秋葉原駅 電気街口


こころに、いつまでも残る演説!

都知事選2016桜井誠候補『私は二度と選挙に出ません。命を、人生をかけて出るのが選挙のはずです』2016年7月30日



2016年7月27日 (水)

東京都都知事選、信念の人現れる。桜井誠

この人、桜井誠の演説は、人の心に訴えるものがある。

今度の東京都都知事に立候補した人だ。
政治家になれる素養のある人と思う。

この人の素養とは、子どもの時からまたはその後の生活が、
彼を政治家へと育てたのだと思う。
この素養が、彼の信念になったのではないか。

だから、彼(桜井誠)の演説は、力強く人を感動させるのだ。


国会議員2年目で、国務大臣になった人に森雅子がいる。

その人は子どもに頃は、家が肩代わりの借金でサラ金の取立てに、
怯えていた女の子でした。
しかし、猛勉強して弁護士になり金融庁に入り、金融庁Gメンになりました。

そして、子どもの頃の念願だった賃貸業(サラ金)規制法にメスを入れたのです。
『信念、岩をを通す。』と言われるが、その通りですね。


その人に育った信念は、そう簡単には曲げられないし消えないのです。

だから、彼(桜井誠)は、その信念によって行動しているのです。
そして、人を感動させる事ができるわけです。

こんなフラストレーション(欲求不満)が溜まる社会の今日。
この桜井誠演説には、晴れ渡る空に一風の爽やかさを感じさせるものがあります。



東京都都知事選、信念の人現わるか!桜井誠

2016年6月26日 (日)

管直人元総理大臣、本当は最強の愛国者だったかもしれない。

日本の危機を、技術者の管直人なら知っていた筈だ。

この時のことを、私は忘れない。これで、日本が終わるかも知れないと思っていたのです。北関東から福島をとおして人が住めないようになる可能性があったのです。民族大移動が必要だったかもしれなかったのです。この数は数百万人にも及んだと思っています。

このことを、あの人は知っていたのです。
物理学卒であり革命運動家と呼ばれている元総理大臣の管直人でした。この管直人元総理に対しては、国宝級に評価してもいいと思う。

迅速、かつ明確に自衛隊を稼働させ、東電の幹部に「死んでもやれ、逃げられると思うな。俺も死んだってかまわんから行く。」と言ったことを。
「戦後最大の日本の危機です。みなさん、一致団結し心を一つにしてこの危機を乗り切りましょう。」って言っていたことを。

そして、爆発する可能性がある原発を、空のヘリから視察したことを。壊れた原発を空から見るなんて常識では考えられない。日本の最高指揮官が命かげの行為をしていたのです。
指揮官が命を賭けた行為の評価は、賛否両論があるけれど。

19fkusima

しかし、これだけは言えるのではないか。自分の命よりも守らなければならないものが有ったことを。それは、日本を守ることだった。

もし、最悪の事態が起きた場合には、国民を総動員してでも事に応(あた)っただろうと思う。その最悪とは、原発が最悪事態になりそして、次に起きることはクーデターであり戦争だったと思う。たぶん、管直人元総理もそれを想定していただろう。

もしかしたら、この管直人元総理大臣は、左翼の運動家と呼ばれると同時に、最強の愛国者だったかもしれないと、今になって思う。
さすが、物理学卒の革命運動家の管直人、これだけは国宝級に評価してもいではないか!

日本を窮地から救おうとした一人の人間として。

東電が隠していた福島原発事故直後の詳細記録が公表!菅直人元首相「死んだっていい、俺も行く」「社長、会長も覚悟を決めてやれ」|情報速報ドットコム:情報ドットコム

2015年9月28日 (月)

見とどけたよ、願いを叶えてあげるね。チベットに自由を

見とどけた。少女の願いを叶えてあげる

1枚の写真をみた。
それは、学校へ通学する女子生徒の写真でした。
Syouzyonomoi                16歳のチベット女子生徒が焼身自殺
この日、夢を見た。
ほとんど寝付けない寝苦しい中での夢。
その夢は、写真でみた少女の夢でした。
このことは、書かないではいられないのです。

それは、見とどけてしまったからです。

夢とは言え、わたしは少女の最後を見とどけたのです。
少女は、叫んでいる「わぁー、わぁー、わぁー」とわめき叫んでいる。かわいい声だ。
しかし、その声は絶望とわかる声なのです。
すでに、少女は半狂乱なのです。

そして、「チベットに自由を」「チベットに自由を」「チベットに自由を」「チベットに自由を」と叫んでいる。せいいっぱいの力の限りの声。
何ごとか、わたしには分からない。
わたしは、この悲痛の絶望の声に心は恐縮し緊張している。どうして良いかわからない。

少女のきれいな澄んだ瞳とわたしの瞳が直線に合いました。
少女優し瞳は、わたしの恐縮し緊張したこころを優しく穏やかにしました。

わたしは、少女とお話がしたい。
「学校はどう楽しい!、好きなものは何なの、将来は何になりたいの~~~~~」
少女は、何も話してくれない。

きれいな瞳は、たくさんの涙をためている。
たくさんの涙をためた瞳は、きれいでした。
いつまでも見つめていたい。

少女のたくさんの涙は、わたしに何かを語りかているのです!
この少女と遭ったわずかの出来事は、わたしの一生の出来事のようにも感じてしまいました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少しして、少女は手にしたライターの火を自分の衣服にあてたのです。
「あっ」という間に、少女の全身は炎に包まれました。
事前に少女は、ガソリンをかぶっていたのです。

わたしは、一瞬の出来事と目の前の炎で恐怖し、身体は動けない。
炎の中から、少女の苦しさを絞り出すような声を聞いた。
「チベットに自由を」これが、少女が最後に発した声でした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


わたしは、少女の澄んだやさしい瞳が忘れられない。
かわいい声が、記憶から離れない。

わたしは、少女の最後を見とどけたのです。
夢とは言え、確かに少女の最後を見とどけたのです。

見とどけたよ、願いを叶えてあげるね

Syouzyonomoi_2

ブログ「英雄として死にたい」の事

  • ゼンマイ
    ある昼ドラみたいな平凡な映画が、「英雄として死にたい」のブログを作った。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

母の日と夢と贈り物

英雄からの手紙

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想